2017年06月27日

僕がジョンと呼ばれるまで





一昨日の日曜日、Vancity Theatre にて、

僕がジョンと呼ばれるまで』という、

(原題:Do You Know What My Name Is?)

ドキュメンタリー映画を見てきました。(^^)


《🎥 映画について 》プログラムより抜粋

この映画は、米国オハイオ州クリープランドの
高齢者介護施設で撮影され、日本の仙台放送が
製作したドキュメンタリーです。

この施設で働くジョンと認知症を患う
93歳のエブリンとのやり取りを中心に

半年間、5人の入居者の認知症改善プログラム
による取り組みとその効果を追っています。

読み書きや簡単な計算などをすることで、
症状に変化が表れ、笑顔が戻ります。

それはスタッフや家族も笑顔に変え、
誰もが抱える認知症への不安に
希望の光をもたらします。

↑ 抜粋終わり


見終わった感想を一言でいうなら、

「より多くの人にこの映画を観てもらいたい!」


学習が進むにつれ認知症が改善されていく、

おばあちゃん、おじいちゃんたちの

笑顔と変容ぶりはもちろんのこと、

家族愛、人と人との触れあい、希望と、

胸が熱くなる本当に心温まる物語でした。


※ この認知症改善プログラムは、
「脳トレ」ブームの立役者である東北大学・
川島隆太教授と、公文教育研究会、介護現場の
協力によって生まれた「学習療法」。



このブログでも過去にもいくつか

↓ 認知症に関する記事を書いてますが、

2016年7月4日<認知症は治せる!


「治る病気」と思うか、

「治る見込みのない病気」と思うかで、

(病気に限らず、私たちの思考によって)

体験する現実(創造の次元)が変わります。(^^)v


映画は現在、自主上映という形で

開催されているようですが、

皆さんのお住まいの地域で

上映される機会がありましたら、

ぜひ、ご覧になってみてくださいね。





posted by Kumiko West at 01:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする